SSブログ
前の10件 | -

Nikon C-PL2S Slip-in Circular Polarizing Filter [Lens Accessories]

Nikon C-PL2Sは、39mm用の組み込み式円偏光フィルターで、AF-I 300mm f/2.8 IF-ED(筆者が所有)、AF-I 500mm f/2.8 IF-ED、AF-I 600mm f/2.8 IF-EDのレンズに対応している。これらのレンズは前玉の径が大きいため、フィルターをレンズの前に付けるのでなく、鏡筒の中間に差し込むことでコンパクトな形状になっている。製造が中止されてから久しいので、今では中古でしか入手できない。筆者は、Yahooオークションでたまたま見つけ、他の入札者もいなくて安価で落札できた。

The Nikon C-PL2S is a slip-in circular polarizing Filter for 39mm, and is compatible with AF-I 300mm f / 2.8 IF-ED (owned by the author), AF-I 500mm f/2.8 IF-ED and AF-I 600mm f/2.8 IF-ED. Since these lenses have a large diameter of the front lens, they have a compact shape by inserting the filter in the middle of the lens barrel instead of attaching it in front of the lens. It's been a long time since production was discontinued, so now it's only available second hand. I happened to find it at a Yahoo auction and was able to win the bid at a low price without any other bidders.

外側の回転リングを回すと中に組み込まれた円偏光フィルターが回転する。
When the outer rotating ring is turned, the circular polarizing filter built in is rotated.
DSC_8012_01.jpg

DSC_8001_01.jpg

DSC_8003_01.jpg


参考までに、回転する必要が無いフィルターは組み込み枠にねじ込んで使用する。黒っぽいフィルターはND4の減光フィルター。
For reference, the filter that does not need to rotate is used by rotating it into the built-in frame. The dark filter is the ND4 neutral density filter.
DSC_8009_01.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Lens heater [Lens Accessories]

寒い夜間や早朝の撮影、特にインターバル撮影では、レンズに結露することがあり、レンズヒーターはそれを防止するために必要である。
これはUSBで電源を供給できるので、モバイルバッテリーまたはACコンセントが利用できる。

Condensation can form on the lens during cold nights and early morning shots, especially interval shots, and a lens heater is needed to prevent this.
Since this can be powered by USB, mobile battery or AC power outlet is available.

DSC_6800_01.jpg

DSC_6801.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Kenko TELEPLUS HD pro 2X DGX Nikon N-AF [Lens Accessories]

Kenko TELEPLUS HD pro 2X DGX Nikon N-AFは2018年7月に発売された。
レンズとカメラの間に装着し、レンズの焦点距離を2倍にし、F値も2倍になる。F値が2倍になるということは4倍暗くなることを意味する。
手持ちのレンズで使えるか試してみた。
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)、Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF)とTELEPLUSとでは問題なく使えた。
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR、AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G EDとTELEPLUSとでは条件によりピント合わせが不安定になった。これらは明るい遠景では使えるが、暗いところや60mmでクローズアップではオートフォーカスが作動せずマニュアルフォーカスでピントを合わせることになる。

The Kenko TELEPLUS HD pro 2X DGX Nikon N-AF was released in July 2018.
It is mounted between the lens and the camera, doubling the focal length of the lens and doubling the F-number. Double the F-number means four times darker.
I tried to use it with my own lens.
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF), Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D (IF) and TELEPLUS could be used without any problem.
Focusing became unstable depending on the conditions between AF-S NIKKOR 80-400mm f / 4.5-5.6G ED VR, AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED and TELEPLUS. These can be used in bright distant views, but autofocus does not work in dark places or in close-ups with a 60mm lens, and you have to focus manually.

DSC_5575.jpg

AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED
DSC_5567.jpg

DSC_5608.jpg

DSC_5624.jpg

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
DSC_5597.jpg

DSC_5593.jpg

DSC_5641.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

レンズの無限遠調整 Adjust the infinity of the lens [Lens]

前の記事に書いたように、Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMCのピントリングが無限遠まで回らなかったので、ネットで調べたら調整方法の記事が見つかった。
自己責任で分解し数十m先の被写体で調整し、実際に遠景で確認したらほぼ無限遠でピントリングの回転が止まるようになっていた。

手順は次の通り。
①ピントリングのゴムを外すと3つのリングが見えてくる
②3つのリングを留めているテープをはがす
③ゴムの下にあるリングを固定している3つのねじを外す
④カメラに装着しできるだけ遠くのものにピントを合わせ、ピントのピークの遠景側でいもねじを締める
⑤距離指標のリングを∞に合わせる
⑥テープで3つのリングを固定する
⑦①で外したゴムをもとに戻して作業完了

もともとは星空の撮影用に購入したので無限遠でピントリングが止まるのは便利だ。

As I wrote in the previous article, the focus ring of Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC did not turn to infinity, so I searched online and found an article on how to adjust.
I disassembled it at my own risk, adjusted it with a subject several tens of meters away, and when I actually confirmed it in a distant view, the rotation of the focus ring stopped at almost infinity.

The procedure is as follows.
1. Remove the rubber of the focus ring and you will see three rings
2. Remove the tape holding the three rings
3. Remove the three screws that secure the ring under the rubber
4. Attach it to the camera, focus on something as far away as possible, and tighten the potato screw on the distant view side of the peak of focus.
5. Set the distance index ring to ∞
6. Tape the three rings
7. Put back the removed rubber and complete the work

I bought it for shooting the starry sky, so it's convenient that the focus ring stops at infinity.

DSC_6692.jpg

DSC_6704.jpg

DSC_6714.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC for Nikon F mount [Lens]

Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMCは、マニュアルフォーカスではあるが、他の14mm F2.8のレンズと比べると価格が1桁少ないくらい安い。しかし安い分、歪曲収差とコマ収差が大きい。言い換えると、このレンズには収差があることを理解して使う必要がある。
私の所有するレンズでは10mより遠方ではピントが合わず、分解して調整した。
フルサイズで14mmの画角は日常の視界をはるかに超えるもので、手頃に超広角の世界を楽しむには、それなりの価値はあると思う。
これはニコン用であるが、電子接点があり、絞りリンクをF22にセットする必要はあるが、オート露出が可能である。

The Samyang 14mm F2.8 ED AS IF UMC is a manual focus lens, but it's an order of magnitude cheaper than other 14mm F2.8 lenses. However, because it is cheap, distortion and coma are strong. In other words, you need to understand that this lens has aberrations.
The lens I own was out of focus at a distance of more than 10m, so I disassembled and adjusted it.
The full-frame 14mm angle of view goes far beyond everyday vision, and I think it's worth it to enjoy the ultra-wide-angle world at a reasonable price.
This is for Nikon, but it has electronic contacts and the aperture link needs to be set to F22, but auto-exposure is possible.

DSC_5311.jpg

DSC_5312.jpg

DSC_5314_01.jpg

DSC_5321.jpg



DSC_6669.jpg

DSC_6675.jpg

DSC_6690.jpg

DSC_6694.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

長時間インターバル撮影におけるバッテリー駆動時間の計測 [mobile battery]

長時間インターバル撮影にあたってそれぞれのバッテリー駆動時間を知っておくと、バッテリー交換をタイミングよく行うことができる。

計測方法:Nikon D850を使い9秒間隔のインターバル撮影でカメラが作動しなくなるまで撮影し、撮影枚数、撮影開始と終了の時刻から撮影時間を計算した。

使用したバッテリー:Nikon EN-EL15bと次の記事に記載したバッテリー
https://hot-cat.blog.ss-blog.jp/2020-11-21-1
DSC_5306.jpg
https://hot-cat.blog.ss-blog.jp/2020-11-21
DSC_5308.jpg

結果
Nikon EN-EL15b(1900mAh):1727枚、4時間17分
CASE RELAY(1200mAh):372枚、49分
NISSIN PS 8(3000mAh):1753枚、4時間22分
NP-F970互換(6600mAh):4561枚、11時間24分

考察
バッテリーに表記された放電容量(mAh)からは単純に駆動時間は計算できないことが分かった。
計測は1回だけなので信頼性は高くないが、参考となるデータは得られたと思う。
バッテリーはカメラ本体と外部の2系統としホットスワップを利用し外部を適宜交換できるようにしておくことが必要である。
寒い屋外での撮影ではバッテリーの性能が低下することを考慮する必要がある。

If you know the battery life of each long-time interval shooting, you can replace the battery in a timely manner.

Measurement method: The Nikon D850 was used for interval shooting at 9-second intervals until the camera stopped working, and the shooting time was calculated from the number of shots and the start and end times of shooting.

Battery used: Nikon EN-EL15b and the battery described in the next article were used.
https://hot-cat.blog.ss-blog.jp/2020-11-21-1
https://hot-cat.blog.ss-blog.jp/2020-11-21

result
Nikon EN-EL15b (1900mAh): 1727 shots, 4 hours 17 minutes
CASE RELAY (1200mAh): 372 shots, 49 minutes
NISSIN PS 8 (3000mAh): 1753 shots, 4 hours 22 minutes
NP-F970 compatible (6600mAh): 4651 shots, 11 hours 24 minutes

Consideration
It was found that the drive time cannot be calculated simply from the discharge capacity (mAh) indicated on the battery.
Since the measurement is only once, the reliability is not high, but I think that we have obtained reference data.
It is necessary to use two batteries, the camera body and the outside, and use hot swap to replace the outside as appropriate.
It is necessary to consider that the performance of the battery will deteriorate when shooting outdoors in the cold.

nice!(0)  コメント(0) 

PRO Power Bank MH-25 USB Cable [mobile battery]

PRO Power Bank MH-25 USBケーブル

Nikon D850本体のバッテリーだけでインターバル撮影すると3時間くらいしか撮影できない。そこで、長時間に渡るインターバル撮影のためにカメラ用のモバイルバッテリーを検討した。
非純正品の使用であり、真似をして問題が起きても責任を負いかねる。

PRO Power Bank MH-25 USBケーブルにはACアダプター、ニコンのパワーコネクターEP-5Bに準拠するDCカプラーが付属している。ニッシンPS 8では作動せず、安定して作動させるには条件を満たすバッテリーが必要になる。
MH-25にPOKAH DC電源 変換ケーブル(USBメスー5.5x2.1mmメス)を介してSMALLRIG DVバッテリープレート12Vアダプター1765を接続し、NP-F970互換バッテリー(6600mAh、7.2V)を使うと安定して作動することが分かった。
カメラ側では正確なバッテリー残量が表示されず、7時間45分以上使えそうだということが分かっている。

If you take interval shots with just the battery of the Nikon D850, you can only shoot for about 3 hours. Therefore, we considered a mobile battery for the camera for long-term interval shooting.
It is a non-genuine product, and I cannot be held responsible for any problems caused by imitating it.

The PRO Power Bank MH-25 USB cable comes with an AC adapter and a DC coupler that complies with Nikon's EP-5B power connector. It does not work with the Nissin PS 8, and a battery that meets the conditions is required for stable operation.
Connect the SMALLRIG DV battery plate 12V adapter 1765 to the MH-25 via a POKAH DC power conversion cable (USB female-5.5x2.1mm female) and use an NP-F970 compatible battery (6600mAh, 7.2V) for stable operation. I found out that
The camera didn't show the exact battery level, but I know it's likely to last for more than 7 hours and 45 minutes.

DSC_5305.jpg

DSC_5306.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

CASE RELAY USB external power supply CRUPS110 [mobile battery]

CASE RELAY USB外部電源供給器 CRUPS110

Nikon D850本体のバッテリーだけでインターバル撮影すると3時間くらいしか撮影できない。そこで、長時間に渡るインターバル撮影のためにカメラ用のモバイルバッテリーを検討した。
非純正品の使用であり、真似をして問題が起きても責任を負いかねる。

ネットでカメラ用モバイルバッテリーを検索するとCASE RELAYがヒットする。
CASE RELAYには4種類のDC変換アダプターが付属する。そのうちのひとつ5.5x2.1mmメスーニコン専用接続は、ニコンのパワーコネクターEP-5Bを接続することができる。
CASE RELAY本体は1200mAh、7.4Vのバッテリーが内蔵されているが、USBコネクターで他のモバイルバッテリーを接続することができる。

CASE RELAYでもその先に付けるモバイルバッテリーを撮影中でもホットスワップできるが、私の場合、カメラ本体にEN-EL15を入れ、マルチパワーバッテリーパック MB-D18にモバイルバッテリーを接続している。
ニッシンのPS 8(3000mAh、7.2V)はバッテリー残量が少なくなるとLEDライトが点滅する。インターバル撮影では4時間程度でLEDライトの点滅が始まった。CASE RELAY本体のバッテリーもあるので、モバイルバッテリーとしてどれだけの時間使えるか今後確認したい。

If you take interval shots with just the battery of the Nikon D850, you can only shoot for about 3 hours. Therefore, we considered a mobile battery for the camera for long-term interval shooting.
It is the use of non-genuine products, and I am not responsible for any problems caused by doing the same thing.

Searching for mobile batteries for cameras on the net will hit CASE RELAY.
CASE RELAY comes with 4 types of DC conversion adapters. One of them, the 5.5x2.1mm female Nikon dedicated connection, can connect the Nikon power connector EP-5B.
The CASE RELAY main unit has a built-in 1200mAh, 7.4V battery, but you can connect other mobile batteries with the USB connector.

Even with CASE RELAY, you can hot swap the mobile battery attached to it while shooting, but in my case, I put the EN-EL15 in the camera body and connected the mobile battery to the multi-power battery pack MB-D18.
Nissin's PS 8 (3000mAh, 7.2V) has an LED light that flashes when the battery is low. In interval shooting, the LED light started blinking in about 4 hours. There is also a battery inside the CASE RELAY body, so I would like to check how long it can be used as a mobile battery in the future.

DSC_5308.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Pentax 6x7 Quick Focus Ring [Lens Accessories]

ペンタックス6×7クイックフォーカスリング
1976年頃に発売された。ペンタックス6x7にグリップを付けた時にピント合わせをしやすくするために使うようだ。つい最近まで、リコーから販売されていたようだ。
径が80mmぐらいのリングに装着できる。

Pentax 6x7 Quick Focus Ring
It was released around 1976. It seems to be used to make it easier to focus when attaching a grip to the Pentax 6x7. Until recently, it seems that it was sold by Ricoh.
It can be attached to a ring with a diameter of about 80 mm.

DSC_7599_01.jpg

DSC_7603.jpg

DSC_7606.jpg

マニュアルフォーカスのAI Nikkor ED 180mm F2.8に付けてみたが、リングの回転角が大きく、メリットを感じない。厳密なピント合わせには便利と思われる。

I attached it to the manual focus AI Nikkor ED 180mm F2.8, but the rotation angle of the ring is large and I do not feel any merit. It seems to be convenient for precise focusing.

DSC_7596.jpg

AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)のズームリングに付けると若干隙間が生じるので、隙間に詰め物をしている。動画撮影で滑らかにズーミングする特には便利と思われる。

When attached to the AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G (IF) zoom ring, there will be a slight gap, so the gap is filled. It seems to be especially convenient for smooth zooming when shooting movies.

DSC_7610.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

NiSi Close-up Lens Kit 77mm with 50mm lens [Lens Accessories]

前の記事でNiSi Close-up Lens Kit 77mmをAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRに付けて撮影してみた。このクローズアップレンズは、もっとよく使われるレンズに付けることを想定しているだろうと考え、最短撮影距離(センサー面からの距離)が45cmの焦点距離50mmのレンズSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMに付けてみた。
ワーキングディスタンス(レンズ前面からの距離)はレンズの焦点距離にあまり関係なく25cm前後であった。
その結果、手持ち撮影でもマクロレンズと同様の操作性で高画質の写真を撮影することができた。

In the previous article, I attached the NiSi Close-up Lens Kit 77mm to the AF-S NIKKOR 80-400mm f / 4.5-5.6G ED VR and shot it. I thought that this close-up lens would be attached to a more commonly used lens, so I chose the SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM, which has a minimum shooting distance (distance from the sensor surface) of 45cm and a focal length of 50mm. I attached it.
The working distance (distance from the front of the lens) was around 25 cm regardless of the focal length of the lens.
As a result, it was possible to take high-quality photographs with the same operability as a macro lens even in handheld photography.

DSC_5792.jpg

DSC_5796.jpg

DSC_5803.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -